今更もう戻れない(仮)

好きなものを 好きなように 好きなだけ

Tears in love

四ノ宮那月くんの『Tears in love』が発売された2016年11月23日は、わたしがなっちゃんに出会うよりももっと前、10年以上ずっと好きだったバンドの活動休止ライブでした。
本命盤の活休ライブへ向かう姉への餞別だと妹がフラゲをしてきてくれたおかげで、ライブの前日音源を手に入れて聴くことができました。その時のわたしにはこの曲の歌詞は本当に重くて辛くてCDを聴きながら泣きたい気持ちになりました。
それがこの曲との出会いでした。

(きっと)大人へのなり方とか
(きっと)過ぎ去って消える「今」を
「失う物」と決めつけて
永遠を願ってた

(Tears in love / 四ノ宮那月(CV 谷山紀章))


一度ついてしまったイメージはなかなか消えてくれなくて、活動休止ライブから時間が経っても、この曲を聞くとどうしても活動休止のことが頭をちらついてしまいました。受け入れて、納得して、飲み込んだはずの気持ちが、逆流してくるような感覚がしました。楽しい思い出の方が多かったのに全然それは浮かばなくて寂しい悲しい辛いばっかり。良い曲なのに、聞くとどうしても悲しい沈んだ気持ちになってしまうことが多くて、あまりこの曲を聞かなくなってしまいました。シャニドルの新曲が出ればいつだってなっちゃんの曲を一番聞いていたのに。
そして何より、なっちゃんとは全く関係のないことで曲を聞くのが辛いと思う自分がすごく嫌でした。

(きっと)弱さから囁くまま
(きっと)傷つけた歪なナイフ
砂時計を返すたびに
月の咽びがCry,cry

(Tears in love / 四ノ宮那月(CV 谷山紀章))


5月にライブがありました。これまでの流れからして最新のソロ曲であるこの曲が披露されるのはほぼ確実でした。この曲が聞けるであろう楽しみな気持ちと、何となく不安な気持ちを抱えてライブの当日を迎えました。
2日目参戦だったので絶対にネタバレが入らないように自衛して臨んだのですが、リハの音漏れでこの曲が披露されることは分かってしまいました。でもその時は特に沈んだ気持ちにはなりませんでした。と言うのも、聞こえてきた紀章さんの歌が音源とは違うテンポで、しかもなんかすごく気持ち良さそうに聞こえて、「わーなんかめっちゃ自由に歌ってるんですけどww」ってなんだか面白くなってしまったんです(笑)。でもお陰さまで楽しみの気持ちの割合が格段に大きくなりました。

その曲はライブの中盤、ST☆RISHソロ曲ブロックの3番目に披露されました。来栖翔ソロで下野さんが客席から登場というパフォーマンスで会場の熱が上がった直後だったので自分的に切り替えが出来ておらず「え、、ちょっと待ってまだ無理待ってぇ~」などと口走ってたような気がします。
でもすぐに黙りました。というかステージの全体像を把握して、曲が始まった瞬間に一瞬息が止まりました。
基本的には…というかこの日に関してはこの曲以外は全員オケを流して歌っていたのですが、この曲だけは楽器の奏者が登場してまさかの生演奏だったのです。しかも編成はギター、鍵盤、ビオラ。大好きなAクラスのメンバーの得意楽器で組まれていました。そしてそのためにアレンジが施されていて、音漏れで聞いたテンポの謎はこれでした。紀章さんの気まぐれじゃなかった。
そして3人の音にのせて歌い上げる紀章さん(何でもかんでもばんぎゃるのせいにするのは良くないけど、ばんぎゃるなせいで、やっぱり視覚の情報の優先順位が高いんですよ…目でも音楽を聞いてしまう…。だから歌ってたのは自分の中では紀章さんです)。もう歌い出した瞬間から会場全部を歌声で自分のモノにしてしまうような圧倒的な歌声で、でも高圧的なわけではなくてひとつひとつのフレーズはすごく繊細で綺麗に歌っていて、とても素晴らしかったです。

あれだけ心配していた活動休止のことはほとんど浮かびませんでした。
はじめにちょっとだけ浮かんだけど、すぐに気にならなくなりました。まず、本当に素晴らしい歌や演奏で引き込まれたというのがあります。そしてこの曲が、わたしの思う“那月の歌”だったと今更ながらに気づいたからだと思います。どこがと言われるとうまく言えないんですけど、あの時の谷山紀章さんの歌声が本当に“那月の歌”で、歌詞もメロディもすごく那月のものとして入ってきたんです。
最初に『Tears in love』というタイトルを見た時、ちょっとピンとこない感じがありました。那月の中には悲しいことや辛いことがあった時に表に出てきて守ってくれる砂月という存在がいました。砂月が出ている間のことを那月は全く知りません。そんな守られた存在の那月と“涙”というワードがあまり結びつかなかったのです。でもゲームではすでにそうでしたが、今作のアニメでもついに那月は砂月と向き合います。ここらへん話し出すと止まらないので割愛しますが、悲しいことや辛いことも受け止めて、その上で自分の大切にしたいものを貫いていく那月の在り方がこの曲には強く出ているのかなとライブで聞いてみて個人的に感じました。それに気づいたときにタイトルがすごくしっくりきました。

悲しいものは悲しいし、辛いものは辛い。でもそういうものを全部包み込んで微笑みかけてくれるのが、四ノ宮那月の優しさで強さなんだと、わたしはあの時にこの曲を聞いて思いました。

煌めき照らされる 想いと共にTears in love
(Tears in sunshine)
涙は思い出を色付かせてく
光のジュエル

(Tears in love / 四ノ宮那月(CV 谷山紀章))


「自分が笑顔でいることで幸せが生まれて、それが周りにも広がって、また他の誰かが幸せになる。それが自分の勇気になるし、これからもそれを持って歌いたい」というようなことを言っていた那月。那月の笑顔のため、負の局面を全て背負ってきた砂月。2人の優しさと強さが大好きだし、そんな彼の歌う曲が大好きです。
アニメ4期7話で、なっちゃんがさっちゃんのことを知って、2人で新しく歩き出したとき(個人的にさっっちゃんは今までのように完全別稼働みたくはならなくなったけど消えたわけではないと思っています、思いたい)、自分を守るためとはいえ勝手に自分を奥底に押し込めることがあったさっちゃんに対して「ありがとう」って言うんですよ。本当に良い子。こういう子だから、いやこんな2人だからきっとこんな歌が歌えるんだろうなぁ。

ライブから約半月。ライブの前が嘘のように頻繁にこの曲を聞いています。悲しい思い出がよぎることもあるけど、そんな時もとても穏やかな気持ちで聞いています。
今思うと活動休止に関してあまり悲しくなってはいけない前向きでいなければと無意識のうちに思ってしまうことがあって、ネガティブな気持ちに向き合っていなかった気がします。でも今は自分の中の悲しい気持ちも受け入れられたのかなと思います。

歌ってくれてありがとう。

Tears in heart
Tears in love

(Tears in love / 四ノ宮那月(CV 谷山紀章))


Tears in love

Tears in love

グレムリンのライブに行ってきた感想

ご無沙汰しております。まさかの神宮寺レンの記事を最後にぱたりと更新が止まってしまいました。その間にナイトメアは活動休止に入っていきました。そのあたりの話は、時間があれば別記事などで…。今回は、そんなナイトメア活休真っ只中の柩さんがGREMLINSでワンマンライブを行ったのでその話をしようと思います。
久しぶりのブログなのでちょっとリハビリがてらな感じで書いていきます。どうやって書いたらいいか感覚を忘れてしまったよ…←

それでは始めていきます。
個人的な感想が大部分を占めますので苦手な方はご注意ください。

f:id:kurukuru_pyokoriiin:20170420150931j:plain

続きを読む

神宮寺レンさんの新しいソロ曲の件・2016

今年も出ました!神宮寺レンさんの新曲が!今回もやっぱり良いですよ~。ということで今回も神宮寺レン新曲のお話しをしようと思います。

こちらですこちら。

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスターデュエットアイドルソング神宮寺レン&桐生院ヴァン(通常盤)

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスターデュエットアイドルソング神宮寺レン&桐生院ヴァン(通常盤)

 

 神宮寺レンは画像左のロン毛の男性です。右側は桐生院ヴァンさんです。このCDは桐生院ヴァンの曲も入ってるのですが、このブログでは神宮寺レンの話をしていきます。桐生院ヴァンの方はそちらのファンの方におまかせします。ちなみにそっちの方も今までうたプリにありそうでなかった感じで面白いですよ~。

ちなみに試聴はどちらもここからできます。

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター アイドルソング|うたの☆プリンスさまっ♪

 

それではここから感想になります。個人的な主観ががっつり入りますのでご注意ください。

 

 

続きを読む

2016.09.03 Psycho le cemu 2016 TOUR 「THE WORLD」 ~SENDAI MYSTERY WORLD~ 仙台 darwin

まだ今月の話なのにすごく昔のように感じます。サイコ仙台行ってきましたー!

仕事の都合で1日目のみしか行けなかったんですが、個人的に唯一のミステリー参戦でした。やっぱり怪盗プリンス様の月はでかい!  

 

 

ライブ関係ないですが、この日は開演時間が少し早くあまり観光地に行くことはできず、でもその代わりにダーウィン周辺の商店街のあたりを色々見て回ってみました。変わった文房具屋さんとかあって面白かったです。

 

f:id:kurukuru_pyokoriiin:20160917144654j:plain

練乳じゃ背は伸びないよ~

 

 

ここからライブレポになります。セトリ等ネタバレ含むわりにMCはニュアンスになりますのでご注意ください。 

 

 

続きを読む

2016.08.19 Psycho le cemu 2016 TOUR 「THE WORLD」 ~KAWASAKI PARALLEL WORLD~ CLUB CITTA'川崎

みなさん!サイコルシェイムのツアーが始まりましたよ!信じられますか?わたしはこの日のライブの終盤までよく分かっていませんでした。

始まって2週間くらい経ってしまいましたが、よーやく初日のレポ(暫定)ができたのであげます。なぜ暫定かと言うと、コントの内容に関してはパラレル最終日の福岡公演が終わってから加筆しようと思っているからです。これだけは絶対にネタバレしない方が楽しいと思うので。まぁニコ生で配信されちゃってるんですけどね。

 

f:id:kurukuru_pyokoriiin:20160905233551j:plain

 

 ところでこのスイーツ、なっちゃんと一緒に写ってると色のヤバさが際立ってヤバいスイーツみたく見えません?あまじょっぱくて美味しかったですよ。

 

それでは一瞬話がそれましたが、レポに入っていきたいと思います。

セトリ等ネタバレ入りますのでご注意ください。

 

 

続きを読む

2016.07.14  ナイトメア Birthday Live ~ YOMI Barsbey & 地元凱旋公演 ~  大崎市民会館

もう一カ月も前になってしまうんですね!ゾジバの話しますよ!でもその前にレポがここまで遅れた言い訳しますよ!←

最近は春ツの間に録りためてた大河(もうすぐ放送に追いつきます、でもまだ汁かけ飯引きずってます)、うたプリ(プリツイにシャニストにシャニフェス、お金もぶっ飛んでいきます)、スクフェスのイベント(花丸ちゃんがかわいい)、Kindle Unlimited(あんなに読めると思わなかった、予想以上)なんかで忙しかったです。メアのソロ活動に関しては、今のところ特に大きく惹かれるものもなく、基本的にはぐれさん以外は追う気はないのでスルーです。あ、でもはくえいさんアルバムは買いました。

 そんな毎日で、まぁ仕事も忙しかったのもあるんですがむしろそれが一番の要因な気もするんですが仕事のことは仕事場でしか考えないと決めているので仕事はさよならです←

 

で、ぼちぼち手はつけていたんですが日が経ってしまったためざっくりなレポとなります。あとこれは自業自得なんですがライブ後に書いたメモ書きの字が汚くて…。3枚のメモのこれが一番マシなやつです。

 

f:id:kurukuru_pyokoriiin:20160813234024j:plain

 

これはないわー

 

 

続きを読む

メアギャが2人でシネライに行ってきたので感想を書く

タイトルの通りでございます。いつもの咲人ファンと一緒にシネライ5thに行ってきました!

 

いつもいつもヴィジュアル系バンドのライブレポばかりあげているブログなのでいきなりシネライとか言われても何のこっちゃという感じだと思うので、まずはシネライについて。

「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE」ST☆RISHとQUARTET NIGHTが全国にやってくる!!

要は8月に出るライブ円盤の先行上映会です。でもこれがなかなかクレイジーに楽しいイベントでして、着席でこそあるもののペンライトを振りかざしスクリーンに向かってライブさながらの声援を送るのです。そんなイベントにメアギャ2人で行ってきたので感想を書きたいと思います。

 

あくまで感想となりますので内容の詳細なレポはございません。内容を知りたい方は他の方を当たるか、8月の仙台貨物チッタの日に円盤が発売になりますので購入をオススメします。*1

 

 

f:id:kurukuru_pyokoriiin:20160711214748j:plain

 

女子力高めのおやつを食べ、クソバンギャからプリンセスにジョブチェンジして会場入りしました(笑)

 

 

*1:ちなみにレポは現場参戦時に書いています

 

kurukuru-pyokoriiin.hatenablog.com

 

続きを読む
<